2010年07月27日

うな丼・うまき・うざく・若竹汁・白菜浅漬け

おはようございます。
昨日7月26日は「土用の丑の日」でした。
年に2回ある年もあるらしいですが今年2010年は昨日一回限りです。
暑い夏を乗り切る栄養を付ける為にうなぎを食べる習慣があるのはご存知でしょう。
元々は夏に売れないうなぎを何とか売る為にうなぎ屋が始めたという説もあります(笑)

しかし最近のニュースで見たのですが国産うなぎが減少してるとのこと。
稚魚が激減してるらしいです。
でもスーパーで買う時にはついつい国産の方に手が伸びます。
中国産と比べると倍ほど値段が違うのですがやっぱり国産にこだわりたいところです。
と言うことで昨日は夏の暑さも吹き飛ぶようにと、うなぎ三昧の夕食にしました。
もちろん鹿児島産の国産うなぎでございます。

7/26食事!

うなぎ三昧はこんな取り合わせに仕上げてみました。
「うな丼定食」でございます。
メインの「うな丼」に「うまき」「うざく」「若竹汁」「白菜浅漬け」が付いたセットになります。
そうそう冷酒を1本だけいただきました。
「男山」って銘柄の日本酒です。

7/26食事!

まずは「うな丼」でございます。
塗りの容器に入れて「うな重」と言う手もありましたが庶民派的に「うな丼」にしました。
ご飯の盛りは大盛りでなく普通盛りです。
買ってきたうなぎは…うなぎに付いてるタレを一度綺麗にふき取って酒を軽くふってグリルで焼く!
焼きながらタレを塗るのが市販のうなぎを美味しく仕上げる秘訣らしいです。
タレのかかったご飯と柔らかいうなぎ!
相性抜群でほんとうに夏バテ知らずになりそうです。

7/26食事!

そしてお次は「うまき」でございます。
薄く味付けしただし巻きの中にうなぎを忍ばせました。
う〜ん!こちらもなかなかいけます。
やっぱり「うまき」の場合はたまごの味付けは薄味にするのが正解だと思います。

7/26食事!

さらに「うざく」であります。
うなぎときゅうりの酢の物です。
わたくし酢の物はちょっと苦手なんですが…これからは健康の為に酢の物もどんどん食卓に取り入れたいと思っております。
昨夜は徳島産のすだちを使ったすだち酢にしました。
すだちの香りがなかなかイカしています。

7/26食事!

汁物は「若竹汁」にしました。
本来なら「肝吸い」と言うのがうなぎ屋での定番なんですが、うなぎの肝はなかなか通常だと手に入らないので「若竹汁」にしたわけです。
みつばの香りが何とも言えずインパクトがありました。

7/26食事!

そして香物は「白菜浅漬け」です。
白菜を半日ほど塩漬けにしただけの物ですが、この暑さなので常温だと十分良い感じに漬け上がりました。

そんなわけで昨夜は「うな丼定食」にしました。
以前ならどんぶり物には必ず麺類を付けていましたが、もうそんなことはしません(笑)
ガッツリ食べるのは卒業しましたからね。
ガッツリ大盛りは若い方にお譲りいたします。
わたくしはこれからは年齢に応じた食べ方に徹したいと思っております。
それでは。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願い致します!



posted by さすらい at 05:03| Comment(20) | TrackBack(0) | どんぶり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。