2011年05月22日

筍ご飯・若竹煮・さば塩焼き・つわ煮…

おはようございます。
前日の週末は外飲みしてしまいました^^v
でもたまには外食で美味しい物も食べないと舌が鈍ります。
そんなことないですか?
やっぱり外で美味しい物を食べて、自炊料理の参考にすることは常に大切だと思っております。
さてさてまた自炊の方に舞い戻ってきました。
しかし筍が半端じゃないくらいどっさり冷蔵庫に入っております。
わたくしの場合は筍の保存は水さへ変えてれば、かなり日持ちがすると思ってるのですが!?
本当のところは保存期間ってどれくらいあるんでしょうか?
と言うことで筍をメインにしたこんな夕食になりました。

5/21食事!

メインは「筍ご飯」であります。
今シーズンは筍にはあり付けないと思ってただけに田舎からの恵みはほんと嬉しかったです。
他の付け合せは「若竹煮」「さば塩焼き」「つわ煮物」「もずく酢」「板わさ」「汁物」「香物」という組み合わせであります。
なかなかあっさりした組み合わせでしょう^^

5/21食事!

まずは「筍ご飯」からになります。
やっぱり筍を使った料理でこれだけは外すことが出来ません。
今回は見た目のルックスをあっさり系に見せる為に、醤油は薄口醤油を使ってみました。
色合い的には薄味かなぁ〜って見えますが、しっかり味が付いてて美味しかったです。
やっぱり旬の食材をいただくと言うのが一番の贅沢だと思います。

5/21食事!

もう一品筍を使った料理です。
「若竹煮」になります。
説明するまでもなく筍とわかめを薄味で煮込んでおります。
こちらも関西風に薄口醤油で作るのが基本だと思っております。
どうなんでしょうか…やっぱり「若竹煮」は濃口醤油文化圏の関東の方も薄口醤油ベースで煮られるのでしょうか?

5/21食事!

ひょっとしたら今回のおかずのメインはこれかもしれません!?
「さば塩焼き」でございます。
ノルウェー産の安い「塩さば」でございます。
でも「焼きさば」にして食べるならば、これで十分でございます。
適度な脂が乗ってて美味しかったです^^

5/21食事!

「つわの煮物」になります。
これも田舎からの恵みであります。
先日筍と一緒に送ってもらったんです。
「つわ」…こちらでは一般的にはなんて呼ぶのかわかりません!?
「ふき」の小さなやつです。
これは醤油味で甘辛く煮ます。
普通の「ふき」はどちらかと言うと薄味ベースに煮るのが基本ですが、これは濃口醤油を使って佃煮風に煮ております。
ご飯のおかずには最適です。
どっさり作ったのでこれからは朝食の友になると思います。

5/21食事!

「もずく酢」も簡単に作れる一品です。
作れるっていう表現は良くないです^^v
スライスしたきゅうりを添えるだけですから。

5/21食事!

「板わさ」も切るだけで器に盛れます。
でもこういうシンプルなおかずも良いのです。
どちらかと言うとお酒のアテって感じもしますけどね。

5/21食事!

「汁物」は「豆腐とほうれん草の味噌汁です。
わたくし「ほうれん草」を味噌汁に入れるのって結構好きなんです。
アクが強い「ほうれん草」ですが…わたくしは大丈夫です^^

5/21食事!

「香物」はもう見飽きてるでしょうが「自家製きゅうりのぬか漬け」になります。
ぬか床を冷蔵庫に保存をしてるので漬かるのにちょっと時間がかかります^^v

そんなわけで今回は念願の「筍ご飯」にやっとチャレンジすることが出来ました。
しかし筍がまだまだ冷蔵庫に残っております。
これからも毎日食べ続けないと消費出来ません!
筍を使った新しい料理を考えないとワンパターンになってしまいますね^^v
何か良いアイデアを考えたいと思います。
それでは。

人気ブログランキングへ←1日1回ポチっと応援よろしくお願い致します!



posted by さすらい at 05:09| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。