2012年08月16日

あんカレーうどん・三色ご飯・ゴーヤおひたし…

おはようございます。
お盆休みも終わってしまえばあっと言うまでございます。
また今日から嫌な仕事の始まりで日常に戻ってしまいます。
でも今週はたったの2日ですから大丈夫でしょう。
しかも今日と明日の2日間は川崎方面に遠征になります。
お盆休み中の移動になるので帰省客に混じっての遠征はちょっと辛いものがあります^^v
それではお盆休みの最後となりました昨日の献立でございます。
最後を飾るにふさわしいカレー系の献立にしました。
それがこれであります。

8/15食事!

メインは「あんカレーうどん」でございます。
これはずっと作りたいと思ってた一品なんですが…やっと作ることが出来ました。
それにご飯物もプラスであります。
「お弁当」によく登場する一品を夕食の献立に登場させたのであります。
「三色ごはん」でございます。
あえて「三色丼」ではなくて「三色ごはん」と表現したいと思います。
おかずはあっさり系にしました。
「ゴーヤおひたし」と「香物」でございます。
飲み物は「缶酎ハイ」にしました^^

8/15食事!

こちらがメインの「あんカレーうどん」になります。
実はこれは…いつもコメントをいただいてる「まんまんちゃんさん」のブログ記事で見てから、ずっと作りたいと思ってたんです。
まずこれを作る前に「カレーライス」を食べなければなりません!
でも先日「カレー」を食べたのでやっと作ることが出来たのです。
見た目のルックスは普通の「あんかけうどん」でございます。
でも本当はそうではありません!
中にカレーが潜んでるのであります。
どんぶり鉢にカレー→うどん→あんの順番で入れていきます。
具材も教科書通りに薄揚げ+豚肉+ねぎにしました。
なぜか牛肉ではなくて豚肉を教科書は使っておりました。
最初は普通の「あんかけうどん」の出汁の利いたあっさりした優しい味を味わいます。
普通はうどんの具材としては邪道と思われがちな豚肉ですが、これにはなかなか合ってます。
また薄揚げも十分に出汁を含んでいて美味しいのです。
これはなかなかいけます^^
それを楽しんだ後にどんぶり鉢をざっくり混ぜるのであります。

8/15食事!

そしたらこんな感じになります。
中からカレールーが出てきて…あんとカレールーが混じり合ってこんな感じになってきます。
スープ自体もあんかけになってるのでとろみが付いております。
でも普通のカレーうどんのような濃厚な感じではないです。
あんとカレールーが絡んで絶妙な仕上がりになってるんです。
味はもちろん美味しいです。
こちらも優しい感じの味わいの「カレーうどん」に仕上がっておりました。
もちろんスープまで完全に全汁させていただきました。
一度で二つの味わい!
これはなかなかイカしてると思いました。

8/15食事!

「三色ごはん」でございます。
器をどんぶり鉢にしなっかたのであえて「三色ごはん」と表現しました。
定番の三色でございます。
鶏そぼろ+スクランブルエッグ+おくらにしました。
こちらも大好きな一品なので美味しくいただくことが出来ました。
やっぱり鶏のそぼろとご飯の相性は抜群と改めて思いました。

8/15食事!

「ゴーヤおひたし」でございます。
ゴーヤはそろそろ時期も終わりでしょうか!?
でもスーパーでは底値なんでついつい買ってしまいます。
わたくし的には「ゴーヤちゃんぷる」か「ゴーヤのおひたし」しか調理法を知りませんけどね^^v
ゴーヤの苦味!
昔は何が美味しいのかよくわかりませんでしたが、今は大人な味のような気がしております。
この苦味こそが健康食材と思って食べております。

8/15食事!

「香物」はきゅうりのぬか漬けを出しました。
しっかり漬かっててちょっと酸味が強かったですが美味しかったです。

そんなわけで今回は初チャレンジになります「あんカレーうどん」をメインにした晩餐になりました。
ダブル炭水化物になりましたが、たまには良しとしましょう^^
定番の「カレーうどん」も美味しいですが、ちょっと変化球レシピも楽しいと思いました。
こうしたレシピを仕入れる為には、やっぱりたまには外食で舌を鍛えないとダメだと改めて思ったりしました。
ほんと最近はランチでさへ「お弁当」持参ですから、全くと言っていい程外食してないですからね。
ちょっと考えないとダメですわ。
それでは。


家庭料理 ブログランキングへ
「家庭料理」のカテゴリに登録しています^^ ポチっと応援よろしくお願いします。


posted by さすらい at 04:23| 奈良 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | カレー系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。