2011年11月05日

【外食・晩酌】中華延辺料理 月光来 大阪市中央区

おはようございます。
またまた休日になりました。
今週は木曜日に祝日があったものの…出張もあったのでちょっとお疲れな1週間になりました。
でも昨夜は週末!
真っ直ぐ帰宅しようかそれとも寄り道か!?
かなり迷いましたがね^^v
と言うことで週末ですので寄り道ネタでございます。
今回は久し振りに中華が食べたくなったのであります。
日本の中華屋さんの中華ではございません!
最近は外食…特に夕食での中華は本場の味を求める中華を食べたくなってるのであります。
そんな時は知り合いの中国からの留学子女にナビをお願いするのであります。
今回も初潜入のお店であります。
しかも本場の中華を出してくれるお店に案内してもらいました。

11/4外食!

宗右衛門町の堺筋寄りにありますお店です。
こんな看板が怪しく光っております。
「中国延辺料理 月光来」と言うお店でございます。

11/4外食!

お店の外観はこんな感じであります。
綺麗な外観でちょっと敷居が高いような気もします。
でも値段はびっくりするほど高くはないですよ。
しかしこのお店も一人潜入隊ではなかなか入れそうにないお店です。
でもこうしたお店を学生である留学子女がどうして見つけてくるのでしょうか?
どうやら特別なホットラインがあるようです。
この日も別の席で友達が食べに来てたようですから。

11/4外食!

まずは「生ビール」からになります。
乾杯の画像を撮り忘れました^^v

11/4外食! 11/4外食!

付き出しは2種類です。
「大根キムチ」と「ザーサイ」になります。
かなりお上品な量であります。
そうそうこのお店もママさんらしき女性と中国語の会話が飛び交います。
わたくし何を喋ってるのか全くわかりませんわ(笑)

11/4外食!

さ〜て!まずはこんなのを注文しました。
「ミミガー(豚耳)の和え物」でございます。
同行者が…「豚の耳は食べれますか?」って気を使って聞いてくれます。
中国では一般的に食べらてるらしいですが、日本ではそれほど馴染みがないので気を使ってくれたようです。
もちろん雑食系のわたくしは豚の耳でも大丈夫です。
人参・椎茸・きゅうり・ピーマンの野菜がミミガーと一緒に和えてあります。
もちろん味はピリ辛仕様!
でもわたくしと同様に激辛好きの同行者がピリ辛ではなくて激辛仕様に変えてくれてました。
確かに辛い!
でも美味しいです。

11/4外食!

お次は「春雨の野菜炒め焼きそば風」でございます。
これは春雨を焼きそばの麺に見立てて野菜と一緒に炒めてあります。
これはヘルシーで良いのではないでしょうか^^
野菜は人参・もやし・ピーマンに加えてわかめも入ってるようです。
う〜ん!この味付けも日本の中華屋ではなかなか味わえない味です。
体験したことのない味付けです。
でもわたくしは全然抵抗なく食べれます。
もちろんこれも激辛仕様に仕上がりになっておりました。

11/4外食!

辛いのもが続きましたので飲み物はちょっと甘いのを飲みたくなります。
「生ビール」を2杯飲んだ後は「マッコリ」でございます。
陶器の器に入ったのが登場しましたが結構な量ですわ^^
おぉ〜!これは激辛系の量には合います。
「マッコリ」って韓国の飲み物ですが、こうした激辛の中国料理にも合います。

11/4外食!

「あさりのピリ辛炒め」になります。
これは量がどっさりあります。
もちろんこれもピリ辛の域を越えて激辛って感じの味付けです。
辛みは豆板醤の辛さではなくてコチジャンの辛さのようです。
お店のママさんに聞いたところ…やっぱりこの料理の辛さにはコチジャンを使ってるとのことでした。
わたくしの舌もまんざらでもないですわ^^
しかしここまで全てが激辛系!
唇の周りがたらこのようになってる錯角を覚えてしまいます(笑)

11/4外食!

今度は激辛系ではございません。
「水餃子」でございます。
皮は決して薄くはありません。
でももちもちした食感の皮が妙に美味しく感じます。
一口噛めば中からはジューシーな肉汁が出てきます。
これは至宝の味わいです^^

11/4外食!

そして最後の料理です。
「湯葉ときゅうりの和え物」になります。
最後の最後にまたまた激辛系に戻ってきました。
しかし本場の中国料理の食材では「湯葉」がよく登場します。
でもこれが意外に美味しいのです。
独特の食感が何とも言えない味わいで美味しかったです。

そんなわけで今回はまたまた本場中国の味を味わえるお店に潜入しました。
とにかく激辛系料理のオンパレードって感じの注文の仕方になりました。
さすがのわたくしも口の中はかなり燃えておりました。
しかしこれだけ激辛を食べても同行者は平気な顔をしています。
吉林省生まれの同行者は元々激辛には強いようです。
どうやら中国延辺料理と言うのは辛いのがベースになってる料理のようです。
延辺とは北朝鮮の国境近い中国の吉林省東部に位置する延辺朝鮮自治州という場所らしいです。
朝鮮族も多く住んでいて、中国語と朝鮮語を併用してる地域だとか!?
延辺料理は韓国料理と中国料理をベースに唐辛子をたくさん使った甘辛酸っぱい味とスパイスのクミンを多様してるのが特徴の料理ということです。
さすがのわたくしもまだまだ鍛え方がたりませんわ^^v
これからも頑張って本場の味にも耐えれるように激辛道を突き進みたいと改めて思いました。
それでは。

中国延辺料理 月光来
大阪市中央区宗右衛門町3-9
TEL.06-6211-8111

人気ブログランキングへ←1日1回ポチっと応援よろしくお願い致します!



posted by さすらい at 07:53| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 外食(晩酌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
知り合いのというのがどこでの知り合いなのか
気になるところですが(笑)その筋の人がナビ
する中華は本格的なんでしょうね。中国でも
寒い地方は激辛料理が多いのでしょうか。
師匠にピッタリの料理が並んでますね。
辛いのが苦手なぼくには水餃子しかありません(^_^;)
Posted by 美の川 at 2011年11月05日 08:51
>美の川さん

こんにちは。
いやいや…わたくしの知り合いはグローバルですから。
国際色豊かでございます(笑)
ほんとチャイニーズの方が案内してくれる中華屋さんは普段とは違ったお店が多いです。
わたくし的には魅力的なお店ばっかりですわ。
確かに寒い地方は激辛料理が多いのかもしれません。
ほんとわたくしにぴったりの激辛が並びました。
今回は辛いのが苦手な方は水餃子以外は無理と思います^^
Posted by さすらい at 2011年11月05日 12:09
おおー、入り口の写真から凄い高級感が…
私だったら雰囲気に気圧されて入れなくなりそうです(笑)

でも(見た目が)こってり系の料理が多くて美味しそうです!
私は最近和食ばかり食べていましたが、たまには中華も良いですね!
地元には「日本の中華料理店」しかありませんが、今度食べにいってみます♪

やはり地元の方は体に強いんですね〜
辛さが苦手な私が一緒にいったら、そのまま死んでしまいそうです(/∀`)笑

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
Posted by 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 at 2011年11月05日 13:20
こんばんは。
これからも精進して激辛道を突き進んでくださいね。
なーんて(^^;)
師匠にも頼もしい激辛師匠がいてはるんですね。
写真では美味しそうだけなんですけど、かなり辛いんですか?
旨辛いっていいですやん。
一度行ってみたいですわ。
Posted by まんまんちゃん at 2011年11月05日 18:33
>戸ヶ瀬さん

おはようございます。
確かにお店の外観はちょっと引いてしまいます。
一人で未潜入でしたら入れないと思います^^v
今回は結構こってり系が多かったように思います。
それよりも激辛系ばっかりという感じでした。
ほんと日本の中華屋さんとは全然違った味わいで美味しいお店でした。
マジで子女の激辛好きには脱帽しました。
辛さに関してはわたくしよりもレベルが上に思いましたわ。
Posted by さすらい at 2011年11月06日 06:45
>まんまんちゃんさん

おはようございます。
は〜い!頑張ってこれからも激辛は訓練したいと思います。
しかし上には上がいるものです。
ほんと若いのにこの激辛好きにはまいりました。
確かに師匠と呼んでも良いと思います。
マジでどれもかなり辛かったですよ。
カプサイシンを一気に摂取したって感じです。
もし機会があれば潜入してみて下さい。
Posted by さすらい at 2011年11月06日 06:48
おはようございます〜

本場の中華!いいですねぇ。

中華屋で働いてても
中華大好きなので本場も食べてみたいです。

本場の方って
ホント 激辛に強いですよね。

すごいと思っちゃいます。

激辛好きのさすらいさんも
脱帽ですかぁ、そうとう辛かったのですねw

Posted by nao at 2011年11月06日 08:02
>naoさん

おはようございます。
本場の中華は日本の中華とは全く別物って感じでした。
美味しかったですよ。
そう言えばnaoさんは中華屋さんで働いていましたね。
一度はそちらに食べに行きたいですわ。
今回は激辛仕様の物が並びましたが、辛さに強いのには驚きました。
ほんと凄かったです。
わたくしも負けるくらいですから相当でしたよ(笑)
Posted by さすらい at 2011年11月07日 04:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。