2012年02月15日

【ご当地グルメ企画・鹿児島編】地鶏お造り・黒豚焼き・にがうりおひたし・鶏飯…

おはようございます。
今朝も奈良の僻地は冷え込んでおります。
2月半ば…まだしばらくは寒い日が続くかもしれませんね。
さ〜て!またまた調子に乗って新企画物の第二弾でございます。
先日から始めました新企画「ご当地グルメ企画」でございます。
第一回は「沖縄編」になりましたが今回は九州上陸であります。
「沖縄」の次と言えばここでしょう。
今回は「鹿児島編」でございます。
こんな献立でスタートであります。

2/14食事!

飲み物はもちろん「芋焼酎」でございます。
それに合うアテを4品用意させていただきました。
「黒豚焼き」「地鶏のお造り」「さつま揚げ」「にがうりおひたし」でございます。

2/14食事!

「黒豚焼き」でございます。
以前に鹿児島から送ってもらった「黒豚」を使っております。
それに軽く塩・胡椒をしてフライパンで焼くだけなんです。
でもこれが旨いのです。
シンプルな味付けですが素材本来の味が良いのでこれで十分なんです。
そう言えば沖縄も鹿児島も豚肉を使った料理が多いですね。
しかも黒豚が基本ですから。
黒豚を見慣れてたら白豚は妙に気持ち悪く見えたりするのは、わたくしだけでしょうか!?

2/14食事!

「地鶏のお造り」でございます。
これは何度もブログ記事で登場してますので今更多くを語らなくてもいいでしょう。
にんにく醤油を付けていただきます。
独特の歯応えがなんとも言えず美味しいのです。
鶏肉を生で食べる習慣がない方は抵抗があるかもしれませんが、美味しいですよ^^

2/14食事!

「さつま揚げ」も何度も登場しております。
こちらで買う「ねり天」とは全く別物という感じです。
しかもちょっと甘めの味付け!
鹿児島って醤油もそうですが、料理全体的に甘い味付けが多いようです。

2/14食事!

先日の沖縄編で使ったゴーヤがのこっていたので使いました。
「ゴーヤ」は鹿児島では「にがうり」と呼びます。
「にがうり」は鹿児島でも沖縄同様に日常的に食べられてる食材なんです。
しかしわたくしは料理法はあまり知りませんので「にがうりのおひたし」にしてみたのです。
サッと湯がいて鰹節と醤油で和えるだけです。
これが意外にお酒のアテになっていけるのです。
特に芋焼酎のアテにはばっちりと思いました。

2/14食事!

そして今回は酔っ払うほど飲まないで〆でございます。
逆に〆を用意してると自然とアルコールの量を控えるものです^^
〆は「鶏飯」と「つぼ漬け」でございます。
「鶏飯」は「けいはん」と読みますのでお間違いないように^^

2/14食事!

「鶏飯」でございます。
いわゆ「汁かけどんぶり」のようなイメージでしょうか!?
本来は鹿児島本土の名物ではなくて鹿児島は奄美大島のご当地グルメだと聞きます。
今回は鶏のささ身・錦糸玉子・椎茸の甘辛煮・高菜・紅生姜を乗っけました。
それに鶏がらスープで抽出した出汁をかけるのであります。
出汁は塩と胡椒をほんの少し入れるだけの薄味仕上げでございます。
元々上に乗っけてる具材自体に味が付いてるので薄味でも十分です。
お茶漬け感覚でさらさらと食べれます。
う〜ん!これはいつ食べても美味しいです。
これは飲んだ後の〆としては贅沢過ぎる一品でございます。

2/14食事!

そして「つぼ漬け」でございます。
これは鹿児島から送ってもらった自家製の「つぼ漬け」なんです。
ちょっと甘い仕上げになってますが、大根のぱりぱりした食感が美味しかったです。

そんなわけで今回は早くも「ご当地グルメ企画」の第二弾になりました。
しかも知りすぎてる鹿児島編でした。
こうしてご当地のグルメを振り返ってみると、やっぱり美味しい物が色々あるのを再認識出来ます。
お次はどこの県にいきましょうか?
その前にご当地グルメの研究をしないとダメですわ^^v
それでは。

人気ブログランキングへ←1日1回ポチっと応援よろしくお願い致します!



posted by さすらい at 05:10| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ご当地グルメ企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
鶏飯、一度は食べてみたいです。
綺麗に仕上がってますね、美味しそう!

沖縄も鹿児島も似ている部分、ありますね〜。
沖縄だとゴーヤ、鹿児島だとにがうり、なるほど。

各県でほとんど一緒なのに、名前が違う。
違いが難しい〜!と思うことがよくあるのですが、
名前が違うだけでほぼ一緒の事ってよくありそうですね。

料理って作るより研究の方が時間がかかる気がします。
がんばってください〜!
Posted by ここちき at 2012年02月15日 08:51
こんにちは。
実家の自家製「つぼ漬け」ですか?
それはかなり気になります。
つぼ漬けは買うもんやと思っていたのでかなりビックリでした。
一度作ってみなくてはいけません。
そろそろ温かくなるので次の冬ぐらいには。
Posted by まんまんちゃん at 2012年02月15日 12:29
さすらいさん、こんにちは〜
美味しそうです。これだけあれば今回も酔っぱらうほど飲みたいですね〜!
お湯割りですか? チョイ水もよさそうです。

「・・・アテを4品用意させていただきました。」
お店の店主になってますね(^^v
Posted by りょう at 2012年02月15日 13:16
さすらいさん、こんばんは。
お、今日は鹿児島なのですね。九州は焼酎の世界ですものね。
美味しそうなものが、勢ぞろいしていますね。
うふふ。お箸をもって、ビールもかって、参加したくなっちゃいました。

鶏飯は、美味しい鶏スープが大事だなと思いました。
お腹をほっとさせてくれる、優しい味だと。
鹿児島でいただいたときは、二日酔いの翌朝のお助けにもなりました(笑)。

自家製つぼ漬け、どんな風につくるものでしょう。
はじめて、ききました。
甘くて、ぱりぱりした、大根のお漬物?
色は黄色???

地方ごとのお料理、楽しいです。ありがとう。
Posted by 過労死予備群 at 2012年02月15日 18:35
こんばんは。
もう鹿児島上陸ですか。しかし、さすが鹿児島料理
決まってますね。食材の仕入れルートが確立されて
いるのもさすらい亭の強みでしょうか。
本場のさつま揚げに地鶏の造り、どれもこれも
芋に合いますね。
鶏飯もめっちゃ美味しそう。一度味わいたいものです。
Posted by 美の川 at 2012年02月15日 21:25
>ここちきさん

おはようございます。
鶏飯はマジで美味しいですよ。
〆にも良いし普通のご飯にも最適だと思います。
確かに沖縄と鹿児島の食文化は結構似てる部分もあると思いました。
これから色んな地域の料理を作っていくと新しい発見があるかもしれません。
またそれが楽しいと思うのです。
料理は作るよりも研究の方が時間がかかります。
でも研究はまた楽しいです。
ぼちぼち他の県もアップしていきたいと思います。
Posted by さすらい at 2012年02月16日 05:01
>まんまんちゃんさん

おはようございます。
は〜い!実家のつぼ漬けでございます。
鹿児島は自給自足なのかもしれません(笑)
得体の知れないものも色々と作っておりますから。
さすがにわたくしもつぼ漬けは自分で作る気はないですね。
結構面倒そうですから^^v
まんまんちゃんさんは是非ともチャレンジして下さいね。
Posted by さすらい at 2012年02月16日 05:05
>りょうさん

おはようございます。
わたくしの場合は〆があると思ってたので飲む量は控えました。
今回は珍しくお湯割りにしたんです。
鹿児島では芋焼酎は基本はお湯割りですからね。
体は温まりますよ^^
表現はお店の店主になってましたか(笑)
いつの日かリアルでもそんな表現が出来るようになりたいですわ。
Posted by さすらい at 2012年02月16日 05:07
>過労死予備群さん

おはようございます。
今回は地元グルメって感じでしょうか。
鹿児島はやっぱり芋焼酎に合う料理が色々とあります。
美味しいお酒を飲むことが出来ました。
鶏飯は美味しいですよね。
やっぱり上にかける出汁が美味しさの決め手かと思います。
飲んだ後の〆にも二日酔いの朝にも良いかと思います。
自家製のつぼ漬けの作り方はよくわかりません^^v
色は薄い黄色をしています。
ちょっと甘めの味付けで食感はナイスでしたよ。
次はどこの県にしましょうか?
Posted by さすらい at 2012年02月16日 05:12
>美の川さん

おはようございます。
鹿児島に上陸しております。
やっぱり鹿児島の食文化はお手のもんという気がしました。
それだけにちょっと見飽きた料理ですけど^^v
確かに鹿児島は仕入れのルートは確立されておりますよ。
芋焼酎に合う料理ばっかりでした。
〆の鶏飯は是非とも味わって欲しいですわ。
Posted by さすらい at 2012年02月16日 05:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。